沖縄の伝統工芸 琉球漆器の販売 通 販なら沖縄県那覇市の角萬漆器

[ 最終更新日: ]
 

琉球漆器とは

琉球漆器とは

琉球の漆器
琉球漆器とは
沖縄の漆器の歴史は長く、中国との貿易が盛んであった琉球王国時代14〜15世紀頃中国から伝わったとされています。 漆器の特徴として乾燥するには温度と湿度が必要であり、年平均気温22.4℃、湿度77%の沖縄は漆器を作るのに非常に優れている環境です。

沖縄の漆器の歴史は発掘調査による出土品から13〜14世紀ごろには存在していたと思われます。
15世紀に統一された琉球王国の王府の中には「貝摺奉行所」(かいずりぶぎょうしょ)を設け、そこで漆器の制作を管理していました。貝摺奉行所が記録として出てくるのは1612年ですが、それ以前から組織的に漆器を制作していたと考えられます。

「琉球漆器」という名称は昭和49年5月に伝統的工芸産業の振興に関する法律が制定されてた時から輪島塗、山中漆器、津軽塗、木曽漆器などと同じような呼び方になりました。

琉球では政治と信仰との結びつきが強く、祭祀や儀式などでは漆で塗られたものや漆の加飾技法で装飾された勾の首飾り玉なども使用されたり、琉球王国の王であった「尚家」(しょうけ)の文化遺産には、現在国宝に指定されている 宴会などで使われる「美御前御揃」(ヌーメーウスリー)と呼ばれる食籠と足付盆や酒器がセットになったものなどがあり、仏事や祭事などの特別な時に用いられたと考えられております。
王族や士族の屋敷や地方でもこうした漆器が神と人を結ぶ場や儀礼の場で用いられてきました。

螺鈿 中国皇帝が琉球王国を任命する冊封(さっぽう)により、琉球国王は皇帝の臣の一員として認められており、皇帝に貢物をささげる朝貢を行い、中国と貿易をすることが許されていました。


1373年以降約500年の間冊封、朝貢の関係が続いておりその中で琉球製の黒漆に螺鈿の加飾が施された盆や椀、漆塗鞘の刀剣などが多く贈られていました。

東道盆 現在の北京の故宮博物院には堆錦や螺鈿の加飾のされた「東道盆」(トゥンダーボン)と呼ばれるご馳走を盛って客に出すための容器が所蔵されています。これらのいずれも非常に手の込んだ優品で、中国への献上品として特に力を入れて制作した事が伺え、そうしたものが琉球の朝貢を支えていたと考えられます。

1609年には薩摩が琉球へ侵攻し、その支配下に置かれました。薩摩がその時に琉球から接収し徳川家康に貢献したといわれる品の中に「巴紋鳳凰文沈金足付盆」などがあります。
薩摩の侵攻以降、琉球は日本との外交関係が非常に重要なものになり、徳川将軍が代替わりをした時など徳川家や大名家へ琉球漆器などを献上してきました。

このように様々な目的で作られた琉球漆器はその時代により技法や表現方法に変化が見られます。
16〜17世紀は朱や緑の漆に細かな沈金技法を用いた作品や朱漆に螺鈿の作品などが多く見られ、17〜18世紀は黒漆に夜行貝の赤や青を活かした細かな螺鈿の作品が中心となっています。

堆錦 18〜19世紀には黒漆螺鈿も作り続けられるが、朱漆に沈金(ちんきん)や箔絵(はくえ)、堆錦(ついきん)といった技法が盛んに用いられるようになりました。
1879年の琉球処分(廃藩置県)以後、貝摺奉行所は廃止され琉球漆器は民間工房や漆器会社による一般向けの食器やみやげ物として制作される事が多くなってきております。
もちろん私どもも一般向けやお土産品としての琉球漆器を販売はしておりますが、琉球最古の老舗としての誇りと伝統を受け継ぎ琉球漆器の技術を残していくことを使命とし作品作りを行ってまいります。

琉球漆器の素材

琉球漆器の素材

琉球の漆器
琉球漆器の素材
デイゴの花、シタマキ 琉球の漆器で使う木材は沖縄県の県花である「デイゴ」や 「シタマキ(エゴノキ)」「センダン」と呼ばれる木材が多く使われております。
デイゴやシタマキ(エゴノキ)は、乾燥後木の収縮や亀裂などが少ないのが特徴で、木目仕上げの美しいセンダンなど、素材に恵まれた沖縄であるからこそ 漆器の文化が栄えたとも考えられます。
宮廷料理を出す器としても有名な東道盆(ツンダーボン)や喰籠などの大物には木自体が大きくしかも軽いのに、しっかりと乾燥させてもゆがみなどによる 変形の少ない「デイゴ」が最適で、「シタマキ」は椀類、茶托、菓子器などと作品に応じて使い分けられます。

東道盆(デイゴ)、東道盆、菓子器

近年では「バカス」と呼ばれるサトウキビから汁を絞ったカスを細かく粉砕し接着剤のようなものと混ぜ合わせ型にはめ込み圧力をかけることで整形したものを 素材として使うこともございますが、現在私ども角萬漆器では使用しておりません。

漆自体は、現在は日本で使用される量の約3%程度しか国内で採ることができないので、輸入に頼っています。
漆とはウルシの木の樹液のことで表皮に傷をつけるとそれを保護するために液体が出てきます。これを集めたものがウルシの原料となります。
ウルシの樹液が取れるようになるまでには植えてから10年以上たってからで、一本の木からは約200グラムしか採取することができず、これはお椀でいうと 10数個分にしかなりません。
下地で塗る素材には、沖縄ではウルシと「ニービ」と呼ばれる砂などを混ぜて使用していましたが、近年では合成素材を使うこともあります。

加飾に関してはそれぞれの加飾の方法によって使用するものが変わってきます。
沖縄の漆器の代表でもある「 堆錦」 という技法では、漆と顔料を合わせた堆錦餅と呼ばれるものを薄く延ばしてエア柄に合わせて切り取ったり切り抜いたりしたものを 貼り付けて絵付けをしていきます。

また古くから琉球漆器で使われている「 螺鈿」では、 以前は「夜光貝」という貝を削ったものを貼り付けて使われていましたが、これは希少で高価な材質となっているため、 最近では鮑貝を利用することがほとんどとなっています。作品に応じて夜光貝を使用することもありますが、金額が 高くなってしまうので使用する頻度は低くなってきております。

沈金」や「 蒔絵」「 高蒔絵」などでは金箔や金粉を使用して絵付けを行います。

漆の加飾技法

漆の加飾技法

琉球の漆器
漆の加飾技法
堆錦
漆に顔料を混ぜて練られた「堆錦餅(ついきんもち)」と呼ばれる材料を薄く延ばして文様の形に切り抜き貼り付ける技法です。
クロメ漆に顔料を飽和状態になるまで混入し、餅状にして薄く延ばし文様に切り取って漆面に貼り付け、立体的な表現をします。
この堆錦餅の練り上げの際には、餅状になるまで顔料を練り込むのですが、沖縄ではその高温多湿な気候が乾燥(固化)を早めてしまうので、「焼漆(やきうるし)」と呼ばれる特殊な漆の調整方法で乾燥を抑えます。
乾燥を抑えることで、顔料を均等に練り込み、色彩豊かな堆錦餅を作り出します。
この焼漆は、日本の他の地域では漆の乾燥(固化)を強力に抑制することが知られています。
堆錦の技法は1715年に比嘉乗昌(ひがじょうしょう)氏によって創始されたと歴史書『球陽』(きゅうよう)に記録されていますが、その着想は、堆彩漆(ついさいしつ)・堆朱(ついしゅ)・漆絵(うるしえ)・密陀絵(みつだえ)の技法から得られたものだと思われます。
堆朱が立体的な文様を加飾する技法であり、漆絵・密陀絵が豊かな色彩表現を行う技法であり、堆錦はこの2種の技法での表現を、組み合わせて加飾するための技法といえるでしょう。
堆錦という加飾技法の特徴は、顔料による豊かな色彩と精緻な造形を挙げられます。
他の技法に比べてもその表現力は高く、絵画的文様を漆器に施すという点に優れた技法です。


螺鈿 螺鈿(らでん)は、貝殻の内側、虹色光沢を持った真珠質の部分を薄く研磨したものを、さまざまな模様の形に切り、漆地や木地の彫刻された表面にはめ込む手法のことです。 螺は貝、鈿はちりばめることを意味します。 一般的に貝に限らず琥珀、鼈甲、金属片が使われるものも螺鈿と呼びますが、金、銀を用いた場合は螺鈿とは呼ばずに平文(ひょうもん)、あるいは平脱(へいだつ)と呼びます。 螺鈿の貝の薄片を製作する技法は、夜光貝やアワビの貝の真珠質の部分を砥石(といし)でみがき、一定の厚さにそろえる技法が一般的ですが、琉球漆器では、夜光貝を一週間ほど煮て、真珠質の部分を薄い層に剥がす技法(煮螺の法)があります。 薄片にした貝を嵌め込む技法には、漆塗りを施した表面を彫り込み、その模様に合わせて切り出した貝片をはめ込み、さらに上から漆を塗ってから墨で研ぎ出し、ツヤが出るまで磨く「嵌入法」と、木地固めをした上に貝片を漆で接着し、その貝の厚さまで漆を塗り、中塗り、上塗りをほどこしてから貝をとぎ出したり、貝の表面の漆を小刀ではがす「付着法」があります。 琉球漆器では、嵌入法が主流ですが、漆を研ぎ出すのではなく、漆をはがす技法が主に使われています。 螺鈿は、光線の当たり具合によって、貝の部分が青や白に美しく輝きますが、貝の薄片が薄いほど発色が良くなります。


沈金 上塗りした漆器面を刃物で文様を彫り、彫り溝の部分に漆を擦り込み、金・銀などの箔や粉を残すようにして貼り付ける技法です。かつては中国、タイ、インドなどでも行われましたが、現代では日本で最も盛んに行われており、特に輪島塗でよく使われる技法です。産地によって使用する刃物に違いがありますし、彫刻技法にも線彫、点彫、片切彫、コスリ彫等の種類があり、近現代では、従来の線彫りのほか片切彫、点彫などの手法が考案され、立体感、ぼかしなどの多彩な表現が行われるようになりました。中国名は、鎗金(そうきん)といいます。 古い時代の琉球沈金では細かく器物全体を埋めるように文様が表現されていましたが、時代が下がると太く均一な線で空間を活かした表現に変わっていきます。


密陀絵
乾性の油で顔料を練りこんでこれを使って文様を描く技法です。
漆絵で表現できない白色や中間色の文様を描くために編み出されたと考えられています。


漆絵
漆に顔料を混ぜた色漆で文様を描く技法です。
古代の色漆は黒、朱、黄、弁柄、緑に限られていて、暗い色調でした。


堆彩漆漆と粉などを混ぜて練り上げ、立体的な文様を作り、上から彩色する技法です。


蒔絵 金や銀の塊を鑢で下ろし、細かい粉としたものを漆で描いた文様に蒔きつけて、一緒に乾かして表現する技法を言います。 研出蒔絵、平蒔絵、高蒔絵、肉合研出蒔絵、研切蒔絵、木地蒔絵といった技法があります。
平蒔絵 弁柄と漆を練った絵漆を筆につけ、塗面に文様を描き、それが乾燥する前に、金・銀などの細粉を振りかけ(蒔くという)、余分な粉をふき取り、乾燥後摺り漆等で固めてから蒔絵粉を磨き上げて仕上げます。

高蒔絵 漆・炭粉・錆などを使い、文様部分を高く盛り上げ、その上に絵漆で描き、金粉などを蒔いて平蒔絵と同様に仕上げていきます。

研出蒔絵 中塗り面に漆で文様を描き、比較的粗い蒔絵粉を蒔いた後に、上塗りで全体を塗込み乾燥した後、炭で文様部分を研ぎ出し、最後に艶を上げて仕上げます。

肉合研出蒔絵 高蒔絵と研出蒔絵を併用した技法をいいます。文様を高上げした部分と背景の面を同時に漆で塗り、蒔絵粉を蒔きます。これを乾燥後、漆で固めてから背景と高上げ部分を同一面となるように研ぎ出します。高低差のある面に沿って文様を炭で研ぎだしていくため、最も高度な技術が求められます。


箔絵 漆面に漆で文様を描き、その上に金箔や銀箔などを貼って、乾燥後に余分な箔をぬぐい去って文様を得る技法です。またあらかじめ、三角形、菱形、短冊形等の切箔を貼り幾何学的文様を表わす場合もあります。琉球の古い時代では金の面を針で引っかいて細部の線を表現していますが、時代が下がると黒漆で細部を描いた表現が主流となりました。


平文 金・銀(他の金属も含む)の薄い板金を文様に切り抜いて漆面に貼り、その上から漆を塗り込めて研ぎ出す技法を言います。
中国の漆芸技法にある「平脱」は、研ぎだすのではなく文様の上の漆を剥ぎ落とす方法を使います。


切金 金・銀の薄板で方形または短冊形、菱形に切って貼り、文様を表現する技法です。


彫漆 漆を数十回あるいは百回以上、塗り重ねて漆の厚い層をつくり、これを刃物で彫刻して漆の層が見えるように意匠を作る技法を言います。
朱漆だけで行うものを「堆朱」、黒漆だけで行うものを「堆黒」、緑漆を塗り重ねた上に朱漆を塗り重ね、彫刻で色出しを変える技法を「紅花緑葉」と呼びます。


蒟醤 塗り重ねた漆面に文様を刀で彫り込み、その彫構を色漆で埋め、漆が乾いた後に研いで仕上げる技法をいいます。
彫り、塗り込み、研ぎ出しを繰り返して複雑な色調と文様を表現します。
香川漆器が得意としている技法です。


存星(存清) 漆面に色漆で文様を描き、輪郭や文様細部に線刻して、その線刻内に漆を塗って、金箔を押し込んで文様をあらわす技法です。
これも香川漆器の得意とする技法です。

琉球漆器の製造工程

琉球漆器の製造工程

琉球の漆器
琉球漆器の製造工程
伐採 乾燥 製材 製材 製材 製材 製材 製材 製材 製材 製材
※各製造工程をクリックすると、詳しい説明が表示されている箇所へリンクします。

伐採 琉球の漆器は「デイゴ」や「シタマキ(エゴノキ)」「センダン」と呼ばれる木材が多く使われ、制作する作品の大きさなどにより使い分けている。 「デイゴ」の木に関しては、昔は職人自ら制作する作品にあわせて枝を落とし必要な長さで切ってきていました。 また「シタマキ」は伐採する時期も大事で昔から冬場に伐採したものを使用しております。



乾燥
1年から5年の歳月をかけてじっくりと乾燥させます。乾燥がきちんとできていないと作品にした後木材の縮みなどにより変形やひび割れの原因となってしまうためです。 また琉球の漆器で使われる「デイゴ」や「エゴ」の木は乾燥に強く長い間使用しても変形やひび割れが少ないのも特徴です。



製材
製作する作品に合わせ、乾燥させた木材を切り分ける。
東道盆・喰籠などの大きいものは主にデイゴの木、椀などは主にシタマキを利用します。

荒挽き
ロクロに充分に乾燥させた木を取り付け、作品の形に整形する。
その時に使用するのはノミのようなもので、削る角度や場所などにあわせて職人自らが作ったオリジナルの工具です。 また同じものを複数作る時などにも使用している手作りの採寸する道具もあります。


>> ページの先頭へ




仕上げ挽き ある程度の形まで削り形を整えたら、サンドペーパーなどを用いて表面の凹凸を取ったり細かい部分の修正をして仕上げます。




刻苧(こくそう)彫り 木の節や年輪などで割れたり変形しそうな部分をあらかじめくりぬいたり削っておく工程。
刻苧漆埋め 刻苧彫りで削ったりくりぬいた部分にデイゴの木粉や漆などを混ぜた独自の刻苧漆と呼ばれるもので埋め乾燥させる。 (パテ埋めのようなこと)
目摺り研ぎ 刻苧漆埋めをしたのも下地を塗る前に成型をする工程

この後下地付けの前に、作品によってはそこの部分やふちの部分が薄かったりして弱く割れやすいものには「布着せ」という工程で 布やわしなどを貼り補強をすることもあります。



下地づけ 最終的に表からは見えない部分ですが重要なのがこの下地付けで、丁寧に乾燥させた木材に下地を付け、時間をかけてゆっくりと乾燥させることで その漆器自体の変形やひび割れなどを防ぐ役目がある。





研磨 下地づけをしたものを砥石などで研ぎ表面の凹凸をなくし整形していく。



「下地づけ」と「研磨」は1度ではなく3度、作品によってはそれ以上の回数と時間をかけて丁寧に仕上げる。
また研磨をする場合も素材や回数に応じて目の粗さの違うものを使用している。 一度下地をつけたものは数週間(季節によって異なる)じっくりと乾燥させ、研磨をする。
全て職人の経験とカンをもとに行いますが、作品によっては下地付けが完了するまでに半年から一年以上かかるものもあります。

>> ページの先頭へ




中塗り 仕上げ塗りをする前に細かい穴や傷などを埋め、上塗りがきれいに塗れて密着するように塗ります。 作品に応じて黒や朱などを使い分けます。
たとえ仕上げの前の色付けとはいえ、ここでの色の付き方で仕上げの色も変わってくるのでその日の湿度や気温にあわせて 塗る漆の配合を変え、乾燥するときも湿度などを考慮しながら調整してじっくりと乾燥させます。





研磨 上塗りの前の最後の研磨です。仕上げのできにかかわる作業ですので細かく一つ一つ目と手で確認しながら研ぎあげていきます。





上塗り どんなに下地が良くできていても、直接目に映り作品の良し悪しを判断する部分ですので最も緊張する部分です。
塗る時の季節や気温や天候により、もっとも美しく映える色にするため長年の経験と伝統、職人のカンによって塗る漆の配合を変え 一つ一つ丁寧に塗ります。
最後には細かなホコリや気泡などを細い針のようなもので取り乾燥させる。天候の変わりやすい沖縄では 午前中は晴れていても突然大雨になることもよくあり、湿度の変化は大敵であるため、職人の経験やカンが頼りな部分もある。
また、上塗りをした後も漆がある程度乾燥するまでは垂れてくるので、上下を返しながら垂れない状態を保つことも重要です。
漆は乾燥しているより湿度が高い方が固まるのですが、あまり湿度が高すぎても色が黒ずんだり縮んだりしてしまうためきれいな色になりません。 上下を返すのと同時にその湿度も管理するために今なお全て手作業で返しの作業を行っています。 冬場など乾燥している時期には乾燥保管しているところに水をまいたりして調整することもあります。





加飾 塗りあがったものに様々な技法により「絵付け」を行います。 琉球漆器の主な技法としては「 堆錦」「 螺鈿」などが有名で、そのほかにも「 沈金」「 蒔絵」「 漆絵 」などの方法で絵や模様をつけていきます。

>> ページの先頭へ


ページトップへ