沖縄の伝統工芸 琉球漆器の販売 通 販なら沖縄県那覇市の角萬漆器

[ 最終更新日: ]
 

漆器のお手入れ方法と扱い方

漆器のお手入れ方法と扱い方


漆器は手入れが難しいですか?とよく聞かれます。また実際に扱いが難しいと思われがちですが、決してそんなことはありません。
漆の性質として、極端な乾燥や湿度、急激な温度変化を嫌がること、また木という材質的に他の製品より柔らかいことが挙げられます。
このことを念頭に入れて頂き、日々のお手入れをして頂ければ、漆器は長年お使いいただくことによって、
美しい光沢が生まれ非常に味わい深いものになります。
正しいお手入れ方法をご理解頂き、漆器を長年ご愛用頂けるよう願っております。
漆器の禁止事項
食洗機はご使用を避けるようお願いいたします。
食洗機はまとめて洗えて便利です。しかし熱湯や温風にさらされる時間が手で洗うよりも、かなり長いので漆の劣化が早まります。
短時間の間に水分の吸収と乾燥が行われるため、ひび割れや破損などの可能性があります
漆器を電子レンジにかけないようお願いいたします。 
木地内部の水分が温められて、器物が割れてしまい可能性もございます。
また、直火やオーブンも避けるようお願いいたします。
直射日光に当てないようお願いいたします。
漆の唯一のウィークポイントは、紫外線に弱いことです。紫外線が漆の表面を劣化させてしまいます。
逆説的に表現すると、劣化する=分解する、ということなので、漆は自然に還るエコな素材とも言えます。
クレンザーやたわしで洗うのは厳禁です。
世界最強の塗料である漆でも、クレンザーやたわしで洗うと表面が削り取られてしまいます
漆独特な艶や光沢が失われてしまいます 
焼物・陶磁器・ガラス製品等と一緒に洗わないようお願いいたします。
茶碗や鉢などで底の高台(あしの部分)に釉薬がかけられていないものがあります。
無釉の陶磁器は砥石のような状態になっていますから、その部分が漆器にぶつかると表面を傷つけてしまいます
長時間、水につけて置かないようお願いいたします。
漆の塗膜から水分が浸透して、木地と漆の塗膜が剥離する原因となる場合がございます。
漆器の洗い方・拭き方
・台所用中性洗剤を使って、やわらかいスポンジで洗って頂いて結構です。
・洗い終わったら、自然に乾かすよりも布巾で拭くほうが漆が長持ちします。
・蒔絵などのついた高価なものだけは、少し注意して洗いましょう。ガーゼの布などでやさしく洗って、
・拭き取りもやわらかい布巾で行ってください。
・水気を拭き取る際、特に重箱の角やお椀の底など、水がたまりやすいところは特に気をつけて拭いて頂くと良いです。
漆器の保管方法
・紫外線は漆塗りの塗膜によくないので、直射日光の当たらない食器棚に収納してください。
・重ねて収納して傷や衝撃が気になる場合は、漆器と漆器の間に布や紙などをはさんでください。
・漆器は極端な乾燥を嫌がるので、長く使わない場合は、食器棚に少し水の入ったコップなどを置いて、乾燥しないようにしましょう。

本来は、ずっとしまっておくことよりも、日々の生活の中で使って頂ければ、乾燥も免れますし、漆器にとっても喜ばしい事と思います。
お使いになることが最も適した保管方法ともいえます。

ページトップへ