沖縄の伝統工芸 琉球漆器の販売 通 販なら沖縄県那覇市の角萬漆器

[ 最終更新日: ]
 

琉球漆器とは

琉球漆器とは

琉球の漆器
琉球漆器とは
沖縄の漆器の歴史は長く、中国との貿易が盛んであった琉球王国時代14〜15世紀頃中国から伝わったとされています。 漆器の特徴として乾燥するには温度と湿度が必要であり、年平均気温22.4℃、湿度77%の沖縄は漆器を作るのに非常に優れている環境です。

沖縄の漆器の歴史は発掘調査による出土品から13〜14世紀ごろには存在していたと思われます。
15世紀に統一された琉球王国の王府の中には「貝摺奉行所」(かいずりぶぎょうしょ)を設け、そこで漆器の制作を管理していました。貝摺奉行所が記録として出てくるのは1612年ですが、それ以前から組織的に漆器を制作していたと考えられます。

「琉球漆器」という名称は昭和49年5月に伝統的工芸産業の振興に関する法律が制定されてた時から輪島塗、山中漆器、津軽塗、木曽漆器などと同じような呼び方になりました。

琉球では政治と信仰との結びつきが強く、祭祀や儀式などでは漆で塗られたものや漆の加飾技法で装飾された勾の首飾り玉なども使用されたり、琉球王国の王であった「尚家」(しょうけ)の文化遺産には、現在国宝に指定されている 宴会などで使われる「美御前御揃」(ヌーメーウスリー)と呼ばれる食籠と足付盆や酒器がセットになったものなどがあり、仏事や祭事などの特別な時に用いられたと考えられております。
王族や士族の屋敷や地方でもこうした漆器が神と人を結ぶ場や儀礼の場で用いられてきました。

螺鈿 中国皇帝が琉球王国を任命する冊封(さっぽう)により、琉球国王は皇帝の臣の一員として認められており、皇帝に貢物をささげる朝貢を行い、中国と貿易をすることが許されていました。


1373年以降約500年の間冊封、朝貢の関係が続いておりその中で琉球製の黒漆に螺鈿の加飾が施された盆や椀、漆塗鞘の刀剣などが多く贈られていました。

東道盆 現在の北京の故宮博物院には堆錦や螺鈿の加飾のされた「東道盆」(トゥンダーボン)と呼ばれるご馳走を盛って客に出すための容器が所蔵されています。これらのいずれも非常に手の込んだ優品で、中国への献上品として特に力を入れて制作した事が伺え、そうしたものが琉球の朝貢を支えていたと考えられます。

1609年には薩摩が琉球へ侵攻し、その支配下に置かれました。薩摩がその時に琉球から接収し徳川家康に貢献したといわれる品の中に「巴紋鳳凰文沈金足付盆」などがあります。
薩摩の侵攻以降、琉球は日本との外交関係が非常に重要なものになり、徳川将軍が代替わりをした時など徳川家や大名家へ琉球漆器などを献上してきました。

このように様々な目的で作られた琉球漆器はその時代により技法や表現方法に変化が見られます。
16〜17世紀は朱や緑の漆に細かな沈金技法を用いた作品や朱漆に螺鈿の作品などが多く見られ、17〜18世紀は黒漆に夜行貝の赤や青を活かした細かな螺鈿の作品が中心となっています。

堆錦 18〜19世紀には黒漆螺鈿も作り続けられるが、朱漆に沈金(ちんきん)や箔絵(はくえ)、堆錦(ついきん)といった技法が盛んに用いられるようになりました。
1879年の琉球処分(廃藩置県)以後、貝摺奉行所は廃止され琉球漆器は民間工房や漆器会社による一般向けの食器やみやげ物として制作される事が多くなってきております。
もちろん私どもも一般向けやお土産品としての琉球漆器を販売はしておりますが、琉球最古の老舗としての誇りと伝統を受け継ぎ琉球漆器の技術を残していくことを使命とし作品作りを行ってまいります。