沖縄の伝統工芸 琉球漆器の販売 通 販なら沖縄県那覇市の角萬漆器

[ 最終更新日: ]
 
HOME > 「堆錦」技法の商品を探す

「堆錦」技法の商品を探す(クリックすると「堆錦」の商品を検索します)

堆錦(ついきん)
漆に顔料を混ぜて練られた「堆錦餅(ついきんもち)」と呼ばれる材料を薄く延ばして文様の形に切り抜き
貼り付ける技法です。 クロメ漆に顔料を飽和状態になるまで混入し、餅状にして薄く延ばし文様に切り取って漆面に貼り付け、立体的な表現をします。 この堆錦餅の練り上げの際には、餅状になるまで顔料を練り込むのですが、沖縄ではその高温多湿な気候が乾燥(固化)を早めてしまうので、 「焼漆(やきうるし)」と呼ばれる特殊な漆の調整方法で乾燥を抑えます。乾燥を抑えることで、顔料を均等に練り込み、 色彩豊かな堆錦餅を作り出します。この焼漆は、日本の他の地域では漆の乾燥(固化)を強力に抑制することが知られています。
堆錦の技法は1715年に比嘉乗昌(ひがじょうしょう)氏によって創始されたと歴史書『球陽』(きゅうよう)に記録されていますが、 その着想は、堆彩漆(ついさいしつ)・堆朱(ついしゅ)・漆絵(うるしえ)・密陀絵(みつだえ)の技法から得られたものだと思われます。 堆朱が立体的な文様を加飾する技法であり、漆絵・密陀絵が豊かな色彩表現を行う技法であり、堆錦はこの2種の技法での表現を、 組み合わせて加飾するための技法といえるでしょう。堆錦という加飾技法の特徴は、顔料による豊かな色彩と精緻な造形を挙げられます。 他の技法に比べてもその表現力は高く、絵画的文様を漆器に施すという点に優れた技法です。

商品一覧

該当商品はありません