沖縄の伝統工芸 琉球漆器の販売 通 販なら沖縄県那覇市の角萬漆器

[ 最終更新日: ]
 
HOME > 東道盆(トゥンダーブン)

東道盆(トゥンダーブン)

三ツ足尺一東道盆 朱堆錦龍
東道盆(トゥンダーブン)とは、漆塗の蓋付きの盆のことで、琉球王国の宮廷料理を盛りつけるための器です。

また琉球王国時代、中国皇帝へ献上品された品々の中で特に力を入れて制作されていました。 堆錦や螺鈿などの加飾された東道盆が現在でも北京の故宮博物院に所蔵されています。

写真は左右ともに
「三ツ足尺一東道盆 朱堆錦龍」
東道盆の内部に仕切があり、料理の乾燥を防ぐための共蓋が付いてます。 その仕切りが奇数の小皿になっておりご馳走を盛ります。

宴会料理の器であるため、螺鈿や堆錦などの粋を尽くした装飾が施されました。

主人となって客人をもてなす者を東道主と称したことに由来すると言われています。

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜5件 (全5件)

1件〜5件 (全5件)